介護施設ワークスターターキット

介護施設ワークスターターキット

最新記事

初出勤に備えた準備の大切さを理解しよう

介護施設の面接はポジティブに

サイトについて

サイトについて

当WEBサイトの管理人は以前は別の仕事していたのですが、面白そうだしやりがいもありそうだと思って介護の仕事に転職しました。しかし希望にあふれたスタートであったものの、準備不足から初出勤以降苦い思いも何度か経験したため、同じような失敗をしてしまう方を減らすために当WEBサイトを作成しました。何かご意見ご要望などあれば【当WEBサイトメールフォーム】までご連絡ください。

ポジティブかつ具体的に

2016.5.11

面接の心得

LINEで送る
Pocket

面接は事前準備が大事

人材紹介会社を上手く活用し良い求人を見つけたら、書類審査を経ていよいよ面接へと臨むことになります。そうなったらきちんと準備をして挑みましょう。転職活動全般に言えることですが、事前準備はとても大切でどの程度しっかりと準備をしているかで採否が分かれるといっても過言ではありません。そしてその準備は転職コンサルタントに手伝ってもらいながら進めるとより望ましいのですが、特にこれまでの経験や自己PR、志望動機などは明確に語れるようにしておきましょう。

これまでの経験と自己PR

これまでどういった経験をしてきたのかと、その経験からの自己PRは面接のなかでよく聞かれます。学生の方であればこれまでの学業や部活、サークル活動などの実績を答えることになりますし、社会人の方であれば学校を卒業してからのキャリアの流れや担当してきた仕事を答えることになります。もしあまり職務経験がない場合は正直にそのことも伝えましょう。その上でプライベートではどのような活動をしてきたのか、またそのことによってどういった強みが養われてきたのかを答えることができれば問題ありません。
特に介護の業界は人手不足であり、資格職でもあることから職歴のない方でも誠実な人柄で真面目でありきちんと資格の取得の目処が立っているのであれば大丈夫です。

情報を集めて志望動機を考えよう

志望動機に関しては、相手に伝えるための努力が特に必要になります。何となく興味を持ったからという理由や、何となく面白そうだと思ったからというような曖昧な志望動機は好まれません。まさに「何となく」決めている印象が強いため、面接官の方に何か嫌なことがあれば簡単に辞めてしまうのではないかと思われてしまうためです。きっかけは何となくの興味でもよいのですが、どうしてその後さらに興味が湧いたり面白そうだと思ったのかを自分のなかで深掘りし、できればこれまでの経験や自分という人間の個性にも関連付けて答えられるようにしておきましょう。
また、志望動機を伝える上では相手の仕事のことをきちんと理解して、その上でその仕事をしたいと思っているのだということを分かってもらうことも大切になります。少なくとも希望する転職先がWEBサイトなどを持っているかどうかは調べ、あるのであればその内容を丁寧に確認しましょう。

志望理由の考え方ですが、まずはやはり気になる介護求人が見付かった時には徹底的に情報集めを行う事が大切と言えます。

引用>>>http://p-work.org/qanda/reason.html

介護求人365はエリア別に求人情報を確認できるので非常に便利です。

介護施設の求人はこちら

前の勤務先の退職理由

また、前の勤務先の退職理由も面接のなかでよく聞かれる質問なので、きちんと答えられるようにしておきましょう。これまでが介護以外の仕事をしていて、介護の仕事に就きたいと思ったので前職を辞めたのだというような理由であれば問題ありません。しかし、退職理由がネガティブなものであれば、そのまま伝えると悪印象を与える可能性もあるので表現の仕方には注意が必要です。

FEATURED ARTICLES!

非公開求人が狙い目
非公開求人が狙い目16.08.13

介護の仕事の中でも本当に雇用条件が良い恵まれた求人は一般には公開されません。募集に対する応募が多くなりすぎてしまうので、募集側も人材紹介会社に初めのセレクションを任せているのです。そのため良い仕事に転職するためには良い非公開求人を持っている人材紹介会社を活用しましょう。

多岐にわたる業務内容
多岐にわたる業務内容16.05.20

介護施設の業務内容は多岐に渡るため、初めのうちは全てを把握するのも大変です。全ての業務を満遍なく習熟していくのは難しいので、まずは得意分野を見つけると良いでしょう。そのためにも大体で構わないので、どのような業務の種類があるのかを把握してイメージを持つことが大切です。